恋愛フライ返し

恋心は表と裏にく~るくる。パートナーエージェントの活動記録です。成婚退会しました。

ディズニーシーでデートする時に持っておくと良い物を実体験から書いてみた

love-spatula.hatenablog.com

前回はシーでデートする前にプランニングをしっかりという話をブログに書いてみましたが、まだまだ書きたい事がいっぱいあるのでしばらくディズニーネタを続けてみます。

今回は何を準備するか。デートするのに持っていって良かった物を書いてみようと思います。

 

チケット

インパークするのに必ず必要となるチケット。これは必ずネットで購入しましょう!

www.tokyodisneyresort.jp

ネットで購入しない場合、当日券なので当然並びます。時間もかかりますし、何よりスマートでは無いですね。ここをスッと通過できるとステキだと思いますよ。

さらにデキる男を目指すなら、パスケースも事前に用意しちゃいましょう。

 

f:id:renai-spatula:20160604043558j:plain

チケットやファストパスの出し入れってめんどいので、こういったパスケースがあるととても楽。チケットと一緒にこれを渡すとお相手のテンションも上がるんじゃないかな。さらにデザインもカワイイのが多いのがさすがのディズニークオリティ。お値段もディズニークオリティだけどな!(1,400円ぐらいかな?)

但しお相手が持っている場合と、好きなキャラクターがいる可能性があるので事前の調査も必要です。

 

リュック

私は必ずリュックを背負ってディズニーへ行きます。荷物があっても両手が空きますからね。デートは手を繋ぎたい派ですし、相手の細々とした荷物も入れて身軽に動けますし。

リュックは出来ればドリンクホルダーがある物を選んで下さい。ドリンクホルダーも2つ付いてるのがあればなお良し。パーク内のドリンクって結構高いじゃないですか。事前に500mlのドリンクを舞浜駅で買っておきましょう。自分と相手の分をリュックのドリンクホルダーに挿しておけば楽ですしね。

アトラクションによっては帽子を被れない物もありますので、そういった一時的にしまっておきたいのを収納できるのもポイントです。

 

エチケットグッズ

夏場は特に汗をかきますので制汗スプレーや、顔のテカリを拭き取れる洗顔シートとか用意しておきましょう。特に臭いは敏感な人だとすぐ感じ取りますからね。

汗っかきなのを自覚しているなら、着替えを用意しておくのもアリです。着替えるのを恥ずかしいと思う人もいるかもしれませんが、汗で色が変わってベタベタなTシャツを着ているよりはよっぽど印象が良いと思いますよ。

 

敷物

ショーが始まるまで立ちっぱなしなのは辛いので、敷物を用意してあると良いと思います。直接地面に座るのは服が汚れるのを気にする人もいるでしょうし。

敷物は普通のビニールシートでもいいんですが、あれペラペラじゃないですか。地面の冷たさがもろにケツに伝わるので、私はキッチンマットをオススメします。 

柔らかい素材で適度な厚みがあり、座るってて地面の冷たさがしんどいって事はありませんでした。また、キッチンマットの幅が2人で座るのに丁度良いのです。肩が触れない程度の距離で座れるのがポイントなのです。

隣に座っている相手を感じながらドキドキしちゃうなんてのもイイよね!

 

ブランケット

ディズニーシーは風が強く、また風邪を遮る物もありません。寒い時期に行くのであればブランケットを持っておくと重宝しますよ。

先ほどの敷物でもそうですが、寒い中じっと座って待つのは特に女性はしんどいはず。そういった時にブランケットを差し出して上げると好印象だと思います。

ちょっと荷物が嵩張るのが難点かな。

 

簡単にですが持っておくと良い物を纏めてみました。他にもカメラとか色々あると思うので、重く無い程度に持ち込みましょう。移動が大変になる程持ち込むと後が大変なので気をつけて下さいね。

次は何を書こうかな~