恋愛フライ返し

恋心は表と裏にく~るくる。パートナーエージェントの活動記録です。成婚退会しました。

叔父の葬儀に参加して思うこと

先週は叔父が亡くなった為仕事を休んで岩手まで葬儀に参加してきました。

亡くなった叔父とはほぼ面識が無いので正直葬儀は参加したくなかったのですが、やはり親族の付き合いというかしがらみというかそういった問題で参加せざるを得ませんでした。というのも母が一度肺炎で入院したので線香の煙が体に厳しいというのと、田舎から手伝って欲しいという強い要請があった為です。こっちも年度末で仕事がぁ~ってのもあったんですけどね、仕方ないね。

葬儀に参加して色々と感じる事があったのでブログで纏めてみます。

 

地方のコミュニティの強さ

岩手には10年以上戻って無かったのですが皆私の事を覚えているんですよね。これにはビックリ。そして気まずい。なんせこっちは相手の顔と名前も覚えていないのですから。親族でもなんでも無い方も私の事を知っていたりするぐらいです。

田舎で人も少なく町中の情報を皆で共有しているような感じでしたね。なのでホント些細な事でもすぐに噂になる感じ。それは良くも悪くもすぐ広まります。

「この前高校生になったあそこの子供は挨拶をしない」だとか「あそこの家は最近新しい車を買った~」だとか、2泊3日してましたがまぁ出るわ出るわ。もちろん近所付き合いも良いのでお爺ちゃんお婆ちゃんは楽しそうでしたけどね。でもちょっと息苦しいなぁ…

あぁ田舎って怖い。

 

見栄と謙遜の嫌らしさ

これは田舎特有というわけでは無いかもしれませんが、見栄と謙遜がやけに鼻につくというか嫌らしいんですよねぇ。

例えば東京で仕事してますっていうとすぐに良い給料貰っているんでしょう?とか、車を見ると高いいい車乗って~とかね。Vitzとか軽でもそういう話になってお互いに謙遜しあうのを嫌というほど見ました。なんというか…もうちょっと素直に表現してもいいと思うんですよね。安月給ですけど思い切って買いました!グレードは低くてもキビキビ走って良いクルマですよー!みたいなね。もっとポジティブに話しなよって思います。でも、それはそれで町内で何か言われるのかなぁ…

あ、Vitzや軽をダメと言うつもりは無いんですよ。レンタカーでいつもお世話になってます。

 

メシウマ!!

なんか愚痴ばっかりになってしまったので良い話でも。

なんといっても飯が美味い!特に海産物が最高!!これは田舎の良さでしょうか。とにかくその土地の食べ物の美味さといったら無いですね。 プリップリの牡蠣とかでっかいホタテで都内の半額ぐらいだったりしますもんね。葬儀とかでなければ腹いっぱい満喫するんだけどな~。

ちなみに調子のって牡蠣10個以上食ったらお腹が~(´;ω;`)

 

人の暖かさ

散々コミュニティの愚痴を書きましたが、それでもやっぱり人の暖かさね、これはとっても素敵。みんな笑顔で話かけてくれるし、昔の事を良く覚えてくれている。やっぱり嬉しいですよね。

私はある程度人と人との距離感を取るようにしたいタイプですが、そんな私にもお構いなしにどんどん入ってくるので戸惑いもしますけど。底抜けの優しさというかそういうのってすごいわ。

おかげで牡蠣ウマイっすね!→おかわりあるよ~→夢中で半分食べる→気づけばおかわりスタンバイOK。こんな流れ。そりゃ牡蠣にも当たるわ。優しさがツライぜ!!

…ちょっとトイレいってくる

 

年寄りが元気!

地方の爺ちゃん婆ちゃんがタフすぎて怖い。

御年90の方と話をする機会があったんだけどまだまだ現役で山入って歩き回っているらしい。足腰はどっしりしているし歩くの早え!

よく笑い、よく話し、よく食べて、よく飲む。

震災の話とかも笑って話してくるのよね、こっちとしてはあまりふれない方がいいのかな~とか気を使おうとしてたのが馬鹿馬鹿しいぐらい。もちろん全員がそうでは無いんだろうけど、それでもあのパワーはすごい!東京の爺ちゃん婆ちゃんだけでなく若いのも見習わないとだ。

 

3・11の傷跡

3・11から5年ですかね?関東にいると今となっては情報も入ってこないし記憶から風化してしまいそうですが、やっぱりその影響はまだまだ残っているようです。

町中では沢山のダンプカーが盛り土を運んでいましたし、復興は完全には終わっていないんだというのを感じさせる光景をいくつも見ました。

 

f:id:renai-spatula:20160321071544j:plain

津波大船渡湾から押し寄せて来たらしいのですが、まだまだこのあたりは更地が多かったです。写真ではわかりづらいですが土を盛っているだけの所がとても多かった。盛り土が固まって次の工程にかかるのに2年ぐらいかかるらしいです。

 

f:id:renai-spatula:20160321071737j:plain

まだまだ仮設住宅も沢山ありましたし、プレハブの店舗も多かったのもビックリでした。仕事が無かったり金銭的な事情から仮設住宅を出れない方も多いんだとか。仮設住宅は6畳程の広さらしいのですが湿気がひどくストレスが溜まるそうです。

 

f:id:renai-spatula:20160321071936j:plain

父の実家の前には川が流れています。震災の時はこの川を津波が逆流し、500m以上の高台を飲み込んだそうです。ニュースでは嫌というほど見ましたが、実際にこういった場所で話を聞くとゾッとします。何もなければこんなに穏やかなのにね。

そして泊まっている間にも下からドカンッと蹴り上げられるような地震があり肝を冷やしました。まさか津波くるのか!と跳ね起きたら田舎の皆さん全員イビキかいて爆睡してんの!後で聞いたらあれぐらい日常茶飯事だべって言われたよ、あんなんじゃ津波なんかこねぇってよ。逞しすぎんだろ、みんな。

 

そんなこんなで2泊3日で泊まりこみで葬儀に参加してきましたが、色々と感じる事も多く楽しい…といったら不謹慎ですが良い経験になりました。それこそ今後結婚したら嫁さん側の家族との付き合いもあるんだよな~ってね。 

身内の不幸というのは無いに越したことはないですが避けれる物でもありませんし、そこから目を背けずにちゃんと考えていかないといけないなと思います。

広告を非表示にする