恋愛フライ返し

恋心は表と裏にく~るくる。パートナーエージェントの活動記録です。成婚退会しました。

自分の家族という問題

f:id:renai-spatula:20160112063221j:plain

Q子さんとのその後ですが今の所進展も無くブログを書く内容が無くなってきました。なので今回は結婚するに向けて自分が抱える問題を書いてみようと思います。

 

問題とは

私は両親と弟1人の4人家族なのですが弟は昔特別支援学級に通っていました。小学校低学年の時だけだったんですけどね。それが決まった時の母の泣いている姿は今でも思い出せます。

恐らくアスペルガー症候群発達障害あたりが疑わしいです。そういった診断は当時(30年前近く)ではされませんでしたけど、やっぱりちょっと特殊な子だなって思います。

あ、でも幸い今はなんとか仕事をして社会人できてます。ただ一人で生活していく事ができるかというのには不安がありますね。

なんらかの形で面倒を見ていく必要がある。これが私と家族の抱える問題です。

 

コンシェルジュと相談

PAに入会する際の最初の面談の際にこの事は相談しました。

相談した所やはり同じような問題を抱える方はそれなりにいるそうです。そしてPAから言われた回答としては「その問題を受け入れてくれない方とは運命の相手では無い」というドライな物でした。そりゃそうなんでしょうけどねー( ´Д`)=3

とはいえ交際して何も知らされてなかった!なんてなってしまうのは良くないですから、基本的には結婚を意識できる相手には早めに伝えるようにしています。

.

Q子さんにいつ伝えるか

Q子さんにはこの事は正直に話しました。というのもQ子さん自身の問題を先に打ち明けられたからです。そのおかげでこちらも腹を括ったというかダメなら仕方無いと思えました。

さすがに驚いた様子で彼女にとって不安材料の1つとはなったようですが、それが原因で交際が中止になるような事は今のところありません。とはいえやっぱりマイナス要因ではあるかな~。

その後Q子さんとは会っていないのでなんというか不安というかモヤモヤしたものを胸に抱えています。会って話をしたいな…たわいも無い話して笑って、たまに真剣に今後の事話たりね。

 

今後ですが

もう伝える事は伝えたのでどうなるかはこれからどう付き合っていくか、そしてQ子さんがどう判断するか次第となりました。なんせまだ真剣交際がOKとなっているわけではありませんから。

こちらとしては誠実にちゃんと向き合って自分を信頼してもらえるようにQ子さんと接していくことを考えていこうと思います。

広告を非表示にする